読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会福祉士国家試験に合格しますた

 d:id:h2so4:20060129#p1で,速報的にエントリしたとおり,最も難易度が高かったとされる昨年(第17回)のボーダーを下回る「合格最低点:80点」というボーダーに今年はなった.「難問・珍問なら勝機あり」と根拠レスに豪語していたとおり,登録後,晴れて「なんちゃって」社会福祉士ですよ!
 試験後,受験票をなくして,試験を所管する財団法人に直接番号を確認するという大間抜けというか大うつけの私であったわけだが(爆)
 しかし,通ったからには,これからも日々福祉に関する情報をブラッシュアップしていかなければならないということで,それはそれで困難な毎日…
 職場の反応は,合格発表一週間前になっても誰からも「いつ発表?」ともきかれず.委託先の人とか,保健所の保健師さんとかに「いつ発表なんですか?」「合格するといいですね!」ときかれること多く,「この人たちの方がよっぽどボクを気にかけてくれてるよ…」とウルルンだった.その後,発表当日に保健師グループにまず小声で「受かっちゃった」と言うと,抱きついて祝いのお酒をくれた女性(50代)1名,握手を求めてきた女性2名を含み,概ね好意的な反応.課長はオレの受験票紛失話に食い付き「アホか」と言いつつ微笑.主幹は「よかったね.おめでとう」とのお言葉.
 私を冷遇してきた人々がどのタイミングで,この資格を使おうと動きだすか,興味津々である.そういう卑しき行動にいつ出てくるのか,楽しみである….世が世なら「武士の風上にも置けぬ者!」と罵倒し倒すところなんだよなぁ….