読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『武士の一分』(山田洋次)

 札幌シネマフロンティアにて.同所で映画を観るのは初めて(最近ずっと札幌ではKINOだったからなぁ).環境は非常に快適だった.
 前評判,というかメディアの事前激賞と引き比べて考えると,それほどの作品ではなかったような気がする.
 まず,ストーリー展開が読み易すぎて退屈だった.
 次に,主演の木村拓哉の演技も,メディアが褒めちぎるほどのものだったかについては「?」だった.毒味役という下級武士の悲哀を「キムタク」として演じていただけにしか見えなかった.良くも悪くも木村拓哉という人は何をやっても木村拓哉にしかならない,というのが私の印象で,その印象を壊すものとしては少なくとも見えなかった.もっとも,そのことが即ダメだということではないのだが.
 木村の妻役だった,檀れいという女優はなかなかに魅力的だった.
 キムタクは時代劇には向いていない,のではないかと思う.