読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読了

 また,マンガとエロ系の文庫だが(爆

孤独のグルメ (扶桑社文庫)

孤独のグルメ (扶桑社文庫)

 昔定期購読していた『SPA!』に連載していたものの単行本→文庫化で結構古い.
 やたらと「ぶた肉炒めととん汁」とか「おでんとうずらと卵焼き」とか,かぶって食べてしまった!というのが多い.…あぁなんか,どうでもいい感想だ….
京大M1物語 1 (ビッグコミックス)

京大M1物語 1 (ビッグコミックス)

 あたしは大学院,ことに理系のそれの雰囲気とか分からないのだが,まぁ,京大の院は借景,ラブコメとして読めた.
地平線でダンス 03 (ビッグコミックス)

地平線でダンス 03 (ビッグコミックス)

地平線でダンス 1 (1) (ビッグコミックス)地平線でダンス 02 (ビッグコミックス)
 う〜む.
 コミックスでしか読んでないので,どうも過去から未来へ行ったり来たりばかりの展開がややだるく感じる.
ロマンポルノ女優 (河出i文庫)

ロマンポルノ女優 (河出i文庫)

 著者自身がまさにロマンポルノ女優だからだと思うが,同じ女優の先達・同志・後輩たちへの愛ある文章で満ち溢れている.リアルタイムでロマンポルノなりピンク映画なりを観ていないので,結構知らない作品・女優がいるなぁ,と勉強になった,そんなあたしはロマンポルノなら「桃尻娘3部作」が好きです.
ハピネス (IKKI COMICS)

ハピネス (IKKI COMICS)

 短編集.
 「雲のへや」というのが個人的には最も感傷的になりつつ,希望の光が射し込んでいるような優しい作品であった.
打たれ強くなるための読書術 (ちくま新書)

打たれ強くなるための読書術 (ちくま新書)

 読書論そのものは,類書をいろいろ読んできたこともあって,著者の主張に気付かされることはいくつかあった(やや今さら感を覚えつつも),という程度.
 この本については,表紙に本文から引用されている著者の主張に尽きるように思う.曰く「「知的に打たれ強い」とは「正解のない世界に耐える」こと」ということだ.30半ばになってようやく,このことが肝に銘ずべきことだと痛感している.「KY」とかいう言葉が流行るような時代状況だから余計にそう思う(もちろん,いつでも空気を乱しているようではそれはそれで困りものなのだが,あたしは絶対に声に出して「KY」などと口にする人間にはなりたくない.第一,恥ずかしい).