読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

札幌出張

 日帰り.
 国保料(税)の収納担当者の研修会に行く.
 汽車に乗って,JR北海道の車内誌を読んだら,小檜山博の連載が復活していてなぜかしら和む.列車の旅人を情緒的につかむ超短編の書き手として,やっぱり小檜山博はいいのだ.
 札幌到着後,紀伊国屋で本を漁ろうとしたものの結局買わず.都会の大型書店は,店員のレベルが高いのと店員裁量が大きいからなのだろうが,売り場作りが売り場にセンスがあるのう,と思う.哲学・思想書コーナーで今月の哲学者,のようなのがあったがヴィトゲンシュタイン.あぁやって並べられると,読みたくなる.だいたいが自分の部屋にあるので,取り出して読めばいいのだが(爆
 昼はJRと地下鉄の駅の中間にある地下街で回転寿司.札幌出張では,大概昼はここのように思う.回転寿司は,ファストフードなのだ.ひとりで入りやすい(あたしの嗜好にも合う).とはいえ,マックとかなか卯とかとはちょっと価格的なグレードが上だが,和食好きには金も食べる量も加減がしやすくて使い出がある.サーモンとカンパチぐらいは養殖系のくどさを求めて食べたが,あとはマグロもメバチの赤身を食べ,イカ・貝類を主に食べる.赤貝は,やや生臭かったか.
 研修会では,弁護士が多重債務の整理に関する講演を行う.多重債務者としては有益だった(爆
 帰りの列車に乗る前,ホームで月見そばを食す.立ち食いって好きなんだよなぁ.とことん,日本のファストフード好き.
 帰りの列車で,となりの客が車内ワゴンサービスでビール2本とつまみをおごって買い呑んでいるのを見て,「くそ…」と思う(以前のあたしなら,札幌出張の道中は酒が付きものだった(爆)).列車着後,車で帰途についたが,キツネを2匹も見た.1匹目は,橋の上であたしの車の前に出ていて,橋の下を覗いて飛び込めないのを覚り,しばらく橋を渡り終えるまであたしが車でおっかけるような悲しい状況だった.かわいいね,今時期のキツネは.