3月の読書メーター

 今月は冊数こそ多かったものの,相変わらずマンガの比率は多い.読みかけが多いんだよなぁ…
3月の読書メーター
読んだ本の数:37冊
読んだページ数:3983ページ

まあじゃんほうろうき (上) (竹書房文庫ギャグ・ザ・ベスト)まあじゃんほうろうき (上) (竹書房文庫ギャグ・ザ・ベスト)
話が進むにつれてどんどんタッチも中身もやさぐれていくのを見て,唸る.昔,大川興業大川総裁が「芸人は,借金が500万円を超えてから芸に深みが出てくる」的なことを言っていたのをふと思い出した.
読了日:03月29日 著者:西原 理恵子
昭和の宰相 (第1巻)昭和の宰相 (第1巻)
ラストは5・15事件で一巻の終わりとなるのだが,そこに至るまでの政友会・民政党の政党間抗争,陸軍と親軍派とされる党派との蜜月関係,最後の元老西園寺公望を取り込もうと軍民入り乱れての暗闘などなど「教科書では教わらない日本史」ばかりですごく勉強になる.「党人たちの仁義なき覇権抗争」に釘付けになる.
読了日:03月29日 著者:戸川 猪佐武
昭和の宰相 (第2巻)昭和の宰相 (第2巻)
不法投棄のため会社の同僚が回収してきたものをもらったもの.1巻から読めばよかった・゚・(ノД`)・゚・.副題に近衛文麿が出てくるが,それ以前の岡田啓介広田弘毅等々の首相期も描かれているので,通史的な歴史小説だった.広田への評価が辛い.近衛についても,腰の据わらない首相というような見方で「新しもの好き」という評が少し目を惹いた.政党間の争いがヴィヴィッドに描かれていて,さすが『小説吉田学校』の著者と唸らせる.
読了日:03月26日 著者:戸川 猪佐武
センゴク 15 (15) (ヤングマガジンコミックス)センゴク 15 (15) (ヤングマガジンコミックス)
会社の同僚から借りて通し読みした.なんていうか,合戦シーン以外のオリジナリティの範疇はおまけみたいなものだ.読み応えはある.
読了日:03月23日 著者:宮下 英樹
センゴク 14 (14) (ヤングマガジンコミックス)センゴク 14 (14) (ヤングマガジンコミックス)
読了日:03月23日 著者:宮下 英樹
センゴク 13 (13) (ヤングマガジンコミックス)センゴク 13 (13) (ヤングマガジンコミックス)
読了日:03月23日 著者:宮下 英樹
センゴク 12 (12) (ヤングマガジンコミックス)センゴク 12 (12) (ヤングマガジンコミックス)
読了日:03月23日 著者:宮下 英樹
センゴク 5 (5) (ヤングマガジンコミックス)センゴク 5 (5) (ヤングマガジンコミックス)
読了日:03月23日 著者:宮下 英樹
センゴク 11 (11) (ヤングマガジンコミックス)センゴク 11 (11) (ヤングマガジンコミックス)
読了日:03月23日 著者:宮下 英樹
センゴク 10 (10) (ヤングマガジンコミックス)センゴク 10 (10) (ヤングマガジンコミックス)
読了日:03月23日 著者:宮下 英樹
センゴク 9 (9) (ヤングマガジンコミックス)センゴク 9 (9) (ヤングマガジンコミックス)
読了日:03月23日 著者:宮下 英樹
センゴク 8 (8) (ヤングマガジンコミックス)センゴク 8 (8) (ヤングマガジンコミックス)
読了日:03月23日 著者:宮下 英樹
センゴク 7 (7) (ヤングマガジンコミックス)センゴク 7 (7) (ヤングマガジンコミックス)
読了日:03月23日 著者:宮下 英樹
センゴク 6 (6) (ヤングマガジンコミックス)センゴク 6 (6) (ヤングマガジンコミックス)
読了日:03月23日 著者:宮下 英樹
センゴク 4 (4) (ヤングマガジンコミックス)センゴク 4 (4) (ヤングマガジンコミックス)
読了日:03月21日 著者:宮下 英樹
センゴク 3 (3) (ヤングマガジンコミックス)センゴク 3 (3) (ヤングマガジンコミックス)
読了日:03月21日 著者:宮下 英樹
センゴク 2 (2) (ヤングマガジンコミックス)センゴク 2 (2) (ヤングマガジンコミックス)
読了日:03月21日 著者:宮下 英樹
センゴク 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)センゴク 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
読了日:03月21日 著者:宮下 英樹
どばくちさいゆうき (角川文庫)どばくちさいゆうき (角川文庫)
今読んでも勉強になる.やっぱりあたしにはこの世界「敬して遠ざける」べきもののようだ(麻雀以外).
読了日:03月21日 著者:西原 理恵子,山崎 一夫
月亭可朝の「ナニワ博打八景」―金持たしたらあかん奴月亭可朝の「ナニワ博打八景」―金持たしたらあかん奴
不倫ストーカー騒動の時に可朝師匠の年齢を聞いて,被害届を出した相手には申し訳ないが「老け込んでないなぁ」とある種の感慨を覚えた.ギター漫談の師匠しか拝見したことがないが,三代目染丸・米朝両師匠から受け継いだ上方古典が聴いてみたくなる.以前,師匠のような人を向こうのことばで「やたけたな人」と評していたのがあったが,まぁ,本当にその語感どおりの破天荒人生だった.
読了日:03月21日 著者:吉川 潮
まだ旅立ってもいないのにまだ旅立ってもいないのに
暗い….
読了日:03月20日 著者:福満 しげゆき
生活 1 (1)生活 1 (1)
現在・将来への不安や焦燥感を抱えるだけ抱え込んだ者たちが,それらをみじんも感じさせずに今を謳歌しているかのように街で生きる若者に天誅を加える.最初のうちは,仕置人的な心地よさを感じたものの,徐々に組織が拡大していくことで,かつての敵だった若者たちが自らの側にまわり,ついには組織の本流となり結成時メンバーが疎外されていってしまう.逆転サヨナラ的勝利を目指していたはずなのに,勝ち越したのはつかの間のことだった…というどこまでも主人公たちの明日がまるで見えない閉塞感が,時代性をつかんでいるように思われる.
読了日:03月20日 著者:福満 しげゆき
毎週かあさん―サイバラくろにくる2004‐2008 (ビッグコミックススペシャル)毎週かあさん―サイバラくろにくる2004‐2008 (ビッグコミックススペシャル)
荒稼ぎ!
読了日:03月15日 著者:西原 理恵子
雨ン中の、らくだ雨ン中の、らくだ
談春志らく,どっちが好きだ?」と訊かれたら,談春と今でも答えるだろう.それは,何センチとか何ミリ単位の好悪でしかない.ヒーローショーでナレーションに詰まり「イエロー登場……乙だね!」と口にするようなそそっかしいノリの志らく落語も好きだ.談春志らくをことあるごとに間違える毒蝮三太夫が放った一言「同じようなものだからいいじゃないか」それが談志世代の立川ボーイズ観だろう(偽らざる).しかし,談志を本寸法/狂気といった要素に還元しなければならないのは,ご本尊がいるからだ.同世代を生きる芸人をもっと見たい.
読了日:03月15日 著者:立川志らく
定本 宮本から君へ 3定本 宮本から君へ 3
この作品,絵も話も基本体液がらみだなぁとつくづく思う.あの時代と真逆な方向性だったろう.大好きな作品の一つになった.
読了日:03月15日 著者:新井英樹
『8月の光』『ひな』その他の短編 (BEAM COMIX)『8月の光』『ひな』その他の短編 (BEAM COMIX)
読了日:03月14日 著者:新井 英樹
毎日かあさん 5 黒潮家族編毎日かあさん 5 黒潮家族編
このシリーズ,読んでるとサイバラの言語感覚の鋭さが際だって印象深く思える.「マンガ家なのに,絵は無視かい!」ってつっこまれたら弱っちゃうが,エッセイ+マンガが両立してる.
読了日:03月08日 著者:西原 理恵子
毎日かあさん4 出戻り編毎日かあさん4 出戻り編
読了日:03月08日 著者:西原理恵子
毎日かあさん3 背脂編毎日かあさん3 背脂編
読了日:03月08日 著者:西原 理恵子
橋本治と内田樹橋本治と内田樹
読了日:03月08日 著者:橋本 治,内田 樹
毎日かあさん2 お入学編毎日かあさん2 お入学編
読了日:03月08日 著者:西原 理恵子
毎日かあさん カニ母編毎日かあさん カニ母編
読了日:03月07日 著者:西原 理恵子
おこりんぼさびしんぼ (廣済堂文庫)おこりんぼさびしんぼ (廣済堂文庫)
読了日:03月06日 著者:山城 新伍
うちの妻ってどうでしょう? 1 (1) (アクションコミックス)うちの妻ってどうでしょう? 1 (1) (アクションコミックス)
読了日:03月05日 著者:福満 しげゆき
ディエンビエンフー 5 (IKKI COMIX)ディエンビエンフー 5 (IKKI COMIX)
読了日:03月05日 著者:西島 大介
ヒストリエ vol.5 (5) (アフタヌーンKC)ヒストリエ vol.5 (5) (アフタヌーンKC)
読了日:03月02日 著者:岩明 均
へうげもの 8服 (8) (モーニングKC)へうげもの 8服 (8) (モーニングKC)
読了日:03月02日 著者:山田 芳裕

読書メーター